荷物検査

この記事は「8月15日から17日」と「荷物検査」で
反応がない方は読まないほうが無難です。

おもしろいことは何も書いていません
























今回の盆休みにいわゆる「夏コミ」に行ってきました。
今回は一部エスカレーターが使えないのと、荷物検査
行われると事前予告されたため、待ち時間が増えると
個人的に予想していました。


1日目は東急42K運用等を撮影してから9時半頃に駅に到着。
東列方面に並ぶとビックサイトの裏手に連れて行かれる。
裏手に着いたのがちょうど10時で、そこからはしゃがんで待機と
指示される。(中に入る人を見るなとのことらしい)

1時間ほど炎天下で待たされて11時頃に東に直接入れた。
荷物検査は無かった。

その後、東から出口方面はスムーズであったが、企業から出口が
誘導員がミスったらしく、ほとんど列が動かず、かなりの時間
炎天下で待たされた。
この炎天下の人ごみでは35度の炎天下での撮影の方が
涼しかった。(精神的に)

ちなみに入場の規制解除は12時半ころであった。



2日目は規制解除される12時半ちょうどに駅に到着。
たった6分ほど待たされて荷物検査実施。
といってもかばんの中身を全部出すわけではなく、
かばんを開けた状態で1秒程警備員に見せればいいだけ。

それだけ。これがコミケ流荷物検査です。

正面からすんなりと入場できたが、東に行こうとすると、
動かない。
係員の説明だとエスカレーターが一部動いていないため、
列の幅を制限しているとのこと。

結局、荷物検査から30分かけて東の会場に行ったわけです。

エスカレーターの事件がやはり影響した。
もちろんエスカレーター前では警備員や係員が
監視していたのは言うまでもない。

列が動かない時の鉄則は列の端を狙うと、少しは涼しい。
(隣は人ではないため)

密集された空間は満員電車を越えた暑さだ。
まさしく最強の暑さで、倒れる人を見なかったのがすごい。
このイベントにかける熱さに圧倒されるばかりだ。

さらに東から出口に向かうときも15分近くかかり、
今までの中で、これほど列が動かなかったのは初めてだ。


「オタク」と世間で騒がれ、「オタク」の認知度が上がったため、
一般参加の人が増えたのかもしれない。


3日目はもういいです。(へたれです)


ただ、荷物検査を実施するには人が足らないように
感じられたので本気で荷物検査をやるのであえば、
人員の増強が必要ではないか。

ただ、荷物検査をやると言っただけでも、相当抑止効果が
あったと個人的に思う。

明日も大きな事件が起きませんように(祈)
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line