スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

寸又峡と寸又峡温泉温泉に行ってきました

寸又峡は「すまたきょう」と呼びます。
9月13日から14日にかけて
寸又峡と寸又峡温泉温泉に行ってきました。

交通手段は静岡駅から東海道本線下り方面(名古屋方面)で
金谷駅下車。そこから大井川鉄道に乗車して、終点の千頭駅
下車。千頭駅から寸又峡温泉温泉行きのバスが出ています。
バスは所要時間40分で山道(くねくね道)を走るため、
特に酔う方はご注意下さい。


大自然に囲まれた寸又峡の見所は大間ダム周辺のチンダル湖、
長さ90メートルもある「夢の吊橋」などがあります。
それで一時間30分の散策で見所と大自然を味わうことが出来ます



「夢の吊橋」付近は急な坂があるため足腰が弱い方には
オススメできない



大間ダムを上から
水がエナメルグリーンで幻想的



美しい写真なのでもう一枚



「夢の吊橋」の定員は10名までとなっています
定員オーバーにならないようにご注意下さい



吊橋を渡る人の図



吊橋の上から大間ダムを望む
吊橋は結構ゆれるものでやや怖い
でも作りがしっかりしているので大丈夫か(たぶん)


吊橋を上から見た図



「千頭森林鉄道ここにありき」と書かれていた
尾崎坂展望台付近にあります



吊橋を横から望む



紅葉の時期に行きたくなるきれいな風景



旅の疲れを癒す温泉ですが、ここの寸又峡温泉ですが、
「寸又峡温泉」は別名「美女づくりの湯」と呼ばれていて
入浴すると「美女」になるらしい。

本当に美女になるかはご自身で体験してください。
後、男性が入浴しても美女にはならなかったので
悪しからず。(体験済み)女性になるわけないな。

お湯はひとごとで言うとぬるぬるした温泉
このような温泉は私にとって初めてだった。
温泉の質は硫黄である。

温泉もよかったのでまた行きたいですな
行くならもちろん紅葉の季節に。


まとめの日記はこちらとなります。(題名がリンクとなっています)
大井川鉄道井川駅と寸又峡温泉に行ってきました(概略)
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。