お疲れ様でした 富士はやぶさ

毎日新聞オンライン版が来年の3月で東京駅から発車する唯一の
ブルートレイン「富士はやぶさ」が廃止されることを報じた。

富士」は東京駅から大分駅
はやぶさ」は東京駅から熊本駅
を結ぶ寝台夜行列車です。

正直、「銀河」とか「出雲」が廃止されているのに
今頃気が付いた私であった

航空機、新幹線の発達、高速バスの勢力拡大によって
遅い、設備が古臭いブルートレインが廃止されるのは
残念だが、ブルートレインが風情のある乗り物で
あるのは間違いないです。

私は何回か当時の西鹿児島駅(現鹿児島中央駅)の近くまで
「はやぶさ」に乗車したことがあります。
現在は熊本駅どまりとなっています。

東京駅からの所要時間は24時間を切っていたを記憶しているが、
大雨で長時間止まったときは24時間を越えていた。
恐るべし長距離列車だった。
それを開放型B寝台で過ごすのは
かなり過酷であったのも事実である。

昔は今の「はやぶさ」よりも設備が良くて、
昔の「はやぶさ」にはロビーカーが付いていた。
そこでは、夜流れるきれいな景色を見ることができた。

また、昔は食堂車が付いていて、おいしかったと記憶しています。
ハンバーグ定食は忘れられないです


それでも今まで東京駅発の「富士はやぶさ」が残っているのは
でっかい奇跡であり、多数の旅人を楽しませた
「富士はやぶさ」にはお疲れ様でしたというしかないです。


ありがとう「富士はやぶさ」
そしてお疲れ様でした。



現在は、「富士」と「はやぶさ」が連結されて運行されている。



九州内は「はやぶさ」単独のヘッドマークで運行される
許可を得て撮影



はやぶさ」が鹿児島県内まで運行されていた頃の写真



「富士はやぶさ」の前は「さくらはやぶさ」で運転されていた


今では懐かしい「はやぶさ」の電源車
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line