スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2010年12月前倒し開業な東北新幹線八戸・新青森間

予定より早く新幹線の設備が出来たら、置いておくのはもったいない

東北新幹線八戸・新青森間の工事が順調に進んでいるため、
2010年度末の開業が目標だった、八戸・新青森間の開業目標時期が
3か月前倒しされて、2009年12月に変更されたと、
東北新幹線を運営しているJR東日本から発表された。

公式(JR東日本)はこちら(PDF版)

総合鉄道サイト「鉄道コム」の記事はこちら(要点がまとまっている)


JR東日本発表の資料によると、八戸・新青森間が開通したときの
最高速度は現在と変わらない。

その後、新型「はやて」の車両に限り、2010年度末から
宇都宮~盛岡間で300km/h、
2012年度末から新型「はやて」単独車両に限り320km/h、
2013年度末から新型「はやて」・新型「こまち」併結編成で320km/hに
段階的に最高速度が上げられる予定である。

よって、盛岡から新青森間は現行通り260km/hのままと推測される。
開業してからすぐに超高速列車を走らせると危ないからでしょうか、
それとも工事費を減らすために260km/h以上走らせられない線路設備
なのか謎です。

新型「はやて」にはグリーン車より上のランクの車両(半室)が登場する
予定となっていて、そちらの運賃とサービス内容も気になりますね。

上のランクの料金はグリーン料金の倍くらいなのでしょうか?

新型車両が登場する頃は、今以上に不景気になると思われますので、
料金が高すぎると誰も乗る人がいなくなりそう
今のグリーン車料金の倍くらいの料金が、限度ではないでしょうか。

もうひとつ気になるのは、JR東日本お得意な記録用列車の停車駅である。
上野、大宮は停車しないとして、現在の終着駅な八戸駅に最速列車が
停車するか、通過するかである。

私の予想は通過でしょう。北海道新幹線が開業することを考え、
八戸駅は全列車停車とはならないと思いますので。

無事開通することを祈りつつ。おしまい。


写真は東北新幹線E2
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。