南海高野線 観光列車「天空」で高野山極楽橋へ

南海高野線の観光列車が登場することが8月末に
発表され、その列車の「愛称」を公募していたが、
ダイヤ、運転開始日等なども含めて、まとめて12月15日に発表された。

気になる観光列車の愛称ですが、題名にも書いた通り「天空」
決まりました。

今回は前回8月に発表された内容と比較してお話します。

公式記事はこちら

鉄道総合サイト鉄道コムの記事はこちら
http://www.tetsudo.com/news/254/(12月発表分)

関連日記
南海高野線 高野山行観光列車「天空」登場!
http://yaplog.jp/8642zoom/archive/348

12月発表分で、こちらの日記に運転日やダイヤ等書いています。
是非一読していただきますと幸いです。

南海高野線で「観光列車」登場!」[(8月発表分)
http://yaplog.jp/8642zoom/archive/139


「天空」
愛称を公募した際に、36名の方が「天空」で応募していて、
空に登るイメージにぴったり。
そして、空海を連想させる「天空」だ。

ただ、天空のイメージとして、京急の羽田空港の近くの「天空橋」
やドラゴンクエスト?の天空の花嫁といったイメージもあります。
DQ?のビアンカ派かフローラ派のどちらかというと、話が長くなるので略。


「料金」
南海本線のサザンの指定券が500円なので、
それに揃えたかったという思惑があったと推測。
300円だったらもっと気軽に利用できたのだが……。
閑散期の平日に限り、300円の割引料金にしてくれると
いいですね。


「編成」
当初発表されていた2300系との連結は今回発表されなかったが、
南海2200系が単独で高野山に登れないと推測されるため
4両編成で運転と推測される。

また、8月発表の時には4両編成で運転と明記されているので、
4両編成と思われる。


「運転開始日」
来年(平成21年)の7月3日が運転開始日となった。
8月に発表された時は平成21年春に車両が完成予定で、
運転開始日は未定となっていた。
当初の予定通りに完成するみたいですね。


「ダイヤ」
当初発表では1から2往復と発表されていたが、
できるだけ稼動させたいためか、運転される日は
2往復となったようだ。

また、現行ダイヤにはないダイヤであるため、
増発されるのか、それとも置き換え(各停減便)になのかは不明です。


「運転区間」
発表されたダイヤによると、全て橋本から高野山極楽橋間で、
難波駅乗り入れはないようだ。


「コンセプト」
南海電鉄ホームページから

南海2200系改造「天空」は、
日常世界から高野山の自然・精神世界への移行の過程として、
俗世間から精神世界へと「Change of mode」できる乗り物
」としていて、

精神世界にチェンジできるかは、あなたの気持ち次第です。


今回、観光列車「天空」に改造される南海2200系

他の南海電鉄のブログ(鉄道コム)
http://www.tetsudo.com/category/南海

他の南海電鉄のブログ(にほんブログ村)
http://railroad.blogmura.com/railroad_nankai/
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line