スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

JR東海 新形式キハ25形新製と313系増備

JR東海は、国鉄時代の老朽化した電車127両を廃車にするため、
313系車両を120両製作することと、平成25年の伊勢神宮式年遷宮
の輸送に対応するため、新形式であるキハ25形を10両
(2両編成固定×5)製作することが発表した。

120両313系導入により、電車はほぼ全てがJR発足後に
製作された車両となります。

また、気動車についてはリリースを読む限りでは
今回は廃車がないと推測されます。


JR公式記事はこちら
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000227.html

鉄道総合サイト鉄道コムはこちら
http://www.tetsudo.com/news/253


313系の製造会社は、今年の夏にJR東海が日本車両を子会社化を
目指す株式公開買い付け(TOB)を行っており、両社の関係が非常に
緊密となっため、日本車両で製作されそうです。

過去には、近畿車輛や東急車輛でも製作されていました。

新車の投入路線は、東海道線(名古屋地区)、中央線、関西線と
発表されていて、新番台となるのか、既存の車両が増備されるのか、
気になります。

また、JR東海ではよく昼寝している所を見る117系が
引退すると予想されます。


キハ25形は、313系の車体にデーセルエンジンを載せたような
車両で、キハ75形の進化したバージョンと位置づけられます。
投入路線は武豊線の予定とされています。

キハ25形は電車みたいな気動車となりますね。


静岡地区を走行する313系
果たして今回の増備はどのような車両となるのか?


関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。