高津駅

2週連続日曜日は雨だ
最近の週末の天気はあかんな

本日、東急田園都市線上りの急行電車に乗っていると、
溝の口駅を過ぎるとトロトロ運転

高津駅通ー過
あ、高津駅が綺麗になっている。

そんなわけで、高津駅上りホームがいよいよ完成したようです。
これで、溝の口駅がら二子玉川駅の複々線工事に関係する
高津駅と二子新地駅のホームは完成したみたい。

これに伴い、複々線が完成した時の外側線を走っていたため、
トロトロ運転だったわけです。

でも二子新地駅を過ぎて、橋の上から加速したのにはびびった
勝手にイメージソングはZUN氏の「神さびた古戦場 」



ここからが本番
でも表題の高津といえば、南海高野線で走っていた、1002F
高津ラッピングが思い出される。
広告主は高津理容美容専門学校であった。

現在はminapitaラッピングです。(2008年5月現在)

南海高野線 新今宮駅にて


拡大版


そのラッピング車のことを「たかつ」と読んでしまって
恥をかいてしまった暗い過去があるわけです
正しくは「Kozu」




本当の本当の本番はここから。

南海高野線の1000系といえば、
「1001F 6両編成」仙一
「1002F 6両編成」minapita
「1032F 2両編成」

以上の3本が活躍している。

1032Fは単独では動けないため、どちらか(1001Fか1002F)
と連結して使用される。

最近は1001Fと1002Fが1032Fをめぐって
熾烈な争いをしているらしい。

南海電鉄の中の人も大変だなぁ(感心)


1002F+1032F
今年5月に撮影した写真
この時1001Fは6両編成で運転されている


以上、あほっ子こうやでした。
関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line