阪急 快速「いい古都エクスプレス」紅葉時期に運転!

準急(大阪寄り)+通勤特急(京都寄り)=快速「いい古都エクスプレス」

阪急電鉄では秋の紅葉シーズンにあわせて、阪急京都線で2009年は
11月21日から23日と28日と29日に臨時快速「いい古都エクスプレス」
を運転します。

臨時とはいえ梅田から高槻市までは準急と同じ停車駅で運転し、
高槻市から河原町までは通勤特急と同じ停車駅
(長岡天神・桂・西院・大宮・烏丸)で運転されます。

よって
準急(大阪寄り)+通勤特急(京都寄り)=快速「いい古都エクスプレス」
となります。

快速は河原町行きは長岡天神で特急の待ち合わせ、梅田行きは茨木市で
特急の待ち合わせがあり、準急を抜きません。特急よりは遅いです。
快速が運転される時間帯は梅田から河原町まで直通する普通が
運転されます。

快速「いい古都エクスプレス」は梅田発9時から11時代前半と15時から
16時代までと河原町9時代後半から11時代前半と15時代から17時代
後半まで20分間隔で準急と交互に運転されます。

使用車両は今話題の阪急6300系と大阪交通局の車両を除く
阪急京都線で使用されている車両が使用されます。

ちなみに数年前まであった阪急電鉄京都線の急行は、高槻市から
河原町まで各駅停車でしたので、急行より快速の方が種別的には上です。
(同時には存在していませんが……)

ちなみに、東急電鉄や東京メトロの車両が乗り入れてくる東武鉄道
伊勢崎線や、京浜急行電鉄の車両などが乗り入れてくる京成電鉄
押上線も急行よりも快速の方が停車駅が少ないです。

この時期の休日は京阪電鉄も阪急電鉄も特急は激コミですが、
京阪は出町柳発の列車は時間あたり12本(特急4本、快速急行2本、
準急4本、普通2本)ですが、阪急京都線は特急6本、快速3本、
準急3本、普通3本計15本と快速が運転される時間帯は京阪よりも
本数が多くなっています。



阪急8300系な快速「いい古都エクスプレス」



阪急7300系な快速「いい古都エクスプレス」


快速「いい古都エクスプレス」ヘッドマーク




案内表示も快速に対応

他の阪急電鉄のブログ(鉄道コム)
http://www.tetsudo.com/category/阪急

他の阪急電鉄のブログ(にほんブログ村)
http://railroad.blogmura.com/railroad_hankyu/

関連記事
スポンサーサイト
line
line
まとめ

line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ランキング
line
RSSリンクの表示
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
解析2
line
解析
line
解析3
line
広告
line
sub_line